マーケティングについて

お金持ちがひた隠しにするWebマーケティングの秘密について暴露する

こんにちは。
Webコンサル屋の鈴木友啓(@WebTomohiro)です。

まず初めに。
本記事では、「Webマーケティングを学ぶのオススメだよー」ってことをお伝えしていきます。
僕が想定している読者さんは以下のような人です。

Webマーケティングに漠然とした興味がある人
Webマーケティングスキルを身につけたい人
Webマーケティングを駆使して稼ぎたい人
・勢いでフリーランスになってしまい今後何をすべきか思い悩んでる人

「そもそもWebマーケってなんなん?」
ってところから、なるべく面白く、なるべく分かりやすくお話ししていきます。

僕の目的は、
Webマーケの出来る優秀な人が1人でも多く増えることなので、この記事を通して興味を持ってくださればそれ以上に嬉しいことはありません。

Webマーケティングスキルを身につければ、あなた自身の生涯賃金が大幅に増えることは間違いないと断言します。

では参りましょう。

Webマーケティング?よく分かんないんだよね

そもそも僕が今回、「Webマーケティング」に関する記事を書こうと思ったのは、氷犬さんのこのツイートがキッカケです。

このツイートに反応した僕は、以下のツイートをしてみました。

そしたらまあ、反応の良いこと良いこと。

つまり、結構な人が漠然と、
Webマーケティング」に興味を持ってるんでねーの?
と考えたわけです。

ただ、漠然とした興味はあれど、
氷犬さんのツイートにある通り、
「やりたい」と思う人は少ない。

きっとその理由って、
Webマーケティング」という概念が抽象的すぎて”よく分からない”からじゃないかな?と思ったわけです。

ぶっちゃけ分かんないですよね?

Webマーケスキルあれば稼げる」
って言われても、

・なんで?
・つーかWebマーケって何よ

ってなりますよね。

僕も昔はそうでした。

「起業するならマーケティング大事だよ」
とは言われてたものの、マーケティングの意味がさっぱりだったのです。

ネットで「マーケティング」って調べても、マジで意味の分からない解説が出てきますからね。(混乱すると思うので調べない方がいいですw)

なので僕は、

マーケティングが出来るという人から大枚を叩いて教えてもらったり、
大量の書籍を買い込んで読破したり、
その知識をベースに実践して試行錯誤しながらお金を稼いだり、

と言ったことを、ここ3年間やってきました。

そしたら、
少なくとも人に分かりやすくお伝えできるくらいには、「マーケティング」が何なのかを掴めてきたわけです。

僕は一流マーケターではありません。
二流、いや三流かもしれません。

しかし、
「人に分かりやすく伝える能力」はそこそこあると思ってるので、一流の人からじゃなくても良いから分かりやすいマーケティングの解説を聞きたい!と思ってくださる方は、ぜひこのまま続きを読み進めて頂ければ幸いです。

結局、Webマーケティングって何なの?

もしかしたらあなたは、マーケティングスキルの身に付け方だったり、お金の稼ぎ方を一刻も早く知りたいかもしれません。

けど、そもそもWebマーケティングへの理解が浅ければ、そのスキルを身に付けられるわけもなければ、お金が稼げるはずもありません

なのでまずは
Webマーケティング」という概念を一緒に理解していきましょう。

ところで僕はさっきから、
「マーケティング」と「Webマーケティング」
という2つの言葉を使っています。

敢えて分けて使っているのですが、
この2つに本質的な違いはありません。

Webを使ってマーケティング活動をするのがWebマーケティング。
ただそれだけです。

なので「マーケティング」という概念を理解しちゃえば、Webマーケティングもたやすく理解できます(^^)

てわけでここからは、
「マーケティング」の説明をしていきますね。

ドラッカーは極論を振りかざした

マーケティングって言葉は本当に曖昧で、人によって「マーケティング」の捉え方が違ったりするんですよね。

だからわけわかんねーシロモノだと思われるわけですよマーケティングってw

けれども、
「人によって違うから定義できないわ、てへぺろ!」
とか今さら僕が言い始めたら、きっと怒りますよね?笑

なので僕は、
多くの人が1度は聞いたことのあるであろう人物、ピータードラッカーくんの主張を取り入れて説明します。

ドラッカーくんは僕にこう言い放ちました。

「マーケティングの理想は、販売を不要にすることである」と。

「マーケティングの理想は、販売を不要にすることである」と。

大事なことなので2度書きました。
2度書きましたが、それでも意味わからないですよね?w

僕もドラッカーくんからそう教えてもらった時は意味不明でした。

「販売を不要にするってどういうことだよ」
「ビジネスは何かしら販売しないと売上立たねーのにそれが不要って何言ってんだよバカか」

こんな声が聞こえてきそうです。

大丈夫です。天才ドラッカーくんの発言を、凡才の僕が噛み砕いて説明しますので。

販売を不要にするとは、”売り込み”を不要にするということだ

ビジネスにおいてはさすがに、
「販売を不要にする」というのは無理です。

ビジネスで1番大事なことって「売る」ことですからね。モノ売らないと売上が立たないし、すなわち利益が生まれないということなので、それはただのボランティア活動です。

じゃあドラッカーの言ってた「マーケティングの理想は、販売を不要にすることである」とはどういうことなのよ?

というと・・・

「売り込みを不要にする」ことがマーケティングである

と言えるかなと。

販売と売り込みは明確に違います。

「売り込み」というのは、こちらからガンガン「買ってください、買ってください」と言いまくってモノを売るイメージです。

訪問販売とか電話勧誘を想像してもらえればニュアンスが伝わると思います。

厳密にいうと売り込みではないですが、
NHKの訪問とか超わかりやすいかなと。

アイツら、テレビのない家にまでも訪問して、
契約を結ぶことに必死じゃないですか。

「国民の義務なんです!」
「加入しなさいよ!」
「サインするまでドア閉めさせませんから!」

など、痛々しい売り込みをして、なんとか契約を取ろうとしますよね。

これこそまさに、
「マーケティングができていないダメな例」の典型です。

すなわち、
「マーケティングが出来ていない状態」とは、「顧客に対し、こちらから必死に懇願して売り込みをしないと、モノが売れない状態」というわけですね。

てことは!!
てことは、ですよ。

いまお伝えしたことを真逆にすればそれこそが「マーケティングが出来ている状態」という話になるわけです。

というわけで真逆にしましょう。

マーケティングが出来ている状態
=「こちらから無理な売り込みとかを一切せずとも、顧客の方から買いたい!と言われてモノがどんどん売れていく状態」

はい。
マーケティングの概念はいまの一言が全てです。

ありえないですが、
仮にマーケティングが出来てるNHKという架空の存在を仮定すると、顧客が尻尾を振って「NHKと契約したいですお願いします!」と言ってくるわけですね。

これがマーケティングの出来ている状態。

どうでしょう?
少しずつ見えてきましたか?

ここまでの話を端的にまとめて、僕なりのマーケティングの定義を書くならば、

マーケティング=自動でモノが売れる仕組みを作ること

ですね。

手前味噌で申し訳ないんですが、これ本当に本質を突いた定義だと思うので、脳みそに定着するまでぜひ何度か声に出して復唱してください。

「マーケティングとは、自動でモノが売れる仕組みを作ること」と。

本当に手前味噌ですみません^^;;;

NHKを思い出してください。
アイツら、まったく自動でモノが売れてないですよね。

大量に派遣社員を雇って、いちいち家に訪問して、罵声を浴びせられながらも、なんとか契約を取るために違法行為も平気でする。自動どころか手動の極みですよね(笑)

僕から見たら、悲惨です。

自動でモノが売れる仕組みを作るとは、NHKであれば、
「テレビを購入したお客さんが、自発的NHKに電話して、契約の申し込みをするような仕組みを作る」というわけです。

あとで話すことに繋がるので、このタイミングでぼんやりと意識しておいてほしいのですが、いまのような自動でモノが売れる仕組みを作ったら、メリット半端ないですよね。

だって、無理くり契約を取る派遣社員を雇う必要がなくなるので、つまりそれは大幅な人件費カットに繋がりますから。

人件費カットできるということは会社の利益が増えるということなので、ビジネス的にはかなりメリットがでかいわけです。

なので、
「マーケティングができると良いことだらけなんだなあ」と、ぼんやりとで良いので意識してもらえたらと。

じゃあもうWebマーケティングの正体も分かりますよね

ここまで読み飛ばさず読んでくれたあなたなら、マーケティングの正体は掴めたかと思います。ちゃんと復唱してくれました?笑

マーケティング=自動でモノが売れる仕組みを作ること

でしたよね。

じゃあ、Webマーケティングは何なのかってのも肌感覚で理解できますよね。

Webマーケティング=Webの中で自動でモノが売れる仕組みをWeb上に作ること

はい。これがWebマーケティングです。さっきのマーケティングの定義に「Webで」と付け加えただけです。

とりあえずは、
そんなのどうやって作るの?とかは考えなくて良いです。ちゃんと勉強すれば作れるようになるのでw

だからひとまず、
声に出して復唱してほしいんですね。

Webマーケティングとは、Webの中で自動でモノが売れる仕組みをWeb上に作ること」と。

復唱してから続きを読み進めてくださいね(^^)

Webマーケティングを学ぶのがオススメな理由

冒頭に載せた僕のツイートをもう1度掲載します。

このツイートの中に、僕がWebマーケティングを推す理由が詰め込まれています。

理由1、高額報酬を受け取れるから

上記ツイートで、
「需要があるのに供給が足りない」
と書きました。

これは紛れもない事実でして、Webマーケティングがちゃんと出来る人材は、企業がめちゃくちゃ求めてるのですが、残念なことに、現状では圧倒的に人材不足なんですね。

つまり、Webマーケティングがちゃんと出来る人間は、少ない。

ということは、市場原理によって、Webマーケティングがちゃんと出来る人間が受け取れる報酬は高くなりますよね?だって需要があるのに供給が足りてないわけですから。(さすがに市場原理の説明はしないので、意味がわからなかったらお調べください)

そうなんです。
Webマーケティングが出来る人間は高額な報酬を受け取れるのです。

だからしっかり学んでスキルを身に付けるのオススメだよ、というわけですね。

理由2、AIによって代替されにくそうだから

これは大した理由じゃないんですが一応お話しします。
マーケティングって実は、人の心を扱う学問なんですよ。

敢えてブラックな言い方をしますが、
「人がモノを買いたくなるように心理誘導していく」のがマーケティングです。

つまり、(後から詳しく書きますが)、人の心を理解することはマーケターとして必須のスキルなわけです。

これってAIに代替されにくそうな職業ですよね。
AIは、誰でも出来るような単純作業から順番に、人間の仕事を代替していきます。これはもはや疑う人の方が少ない事実でしょう。

今でこそ「自動運転」なんて絵空事でしょうけど、まあ近いうちに実現されるでしょうね。

AIが代替可能な仕事の特徴の1つとして、「人間の感情と関与しないこと」が挙げられます。

車や電車の運転とか、税務とか、宝くじ売る仕事とか。

そーいう仕事はあっという間になくなるでしょうが、人間の感情と関与するような、マーケターのような仕事はそう簡単にはなくならないだろうと僕は考えてます。

これはあくまで僕の予想でしかないですが、結構現実的な話かなと思ってます。

つまり、マーケティングのスキルは、他のスキルに比べて寿命が長いということです。
だからオススメ。

ちなみに、デジタルマーケティングをされている垣内勇威さんの発信を見ると分かるのですが、マーケティング領域にAIが踏み込んできているのは事実です。

しかし、現在のAIが出来るのは数値計測や分析などであり、人間の感情を深く理解して、AI自身が、自動でモノが売れる仕組みを全て作ることは出来ません。

あくまで今は、人間が「自動でモノが売れる仕組み」を作り上げる上での補助的な存在がAIという感じです。

もし今後、AIが人間の感情を完璧に理解できるほど発達したら、マーケターという仕事も消滅します。

けど、そうなった頃にはマーケターどころか全ての仕事がなくなってると思うので、面倒な仕事は全てAIにお願いして、人間は人間らしい楽しい毎日を送れば良いだけです(^^)

なので「マーケターもAIに奪われそう」とか考えなくてOKです。

以上2つが、僕が(Web)マーケティングを学ぶことをオススメする理由ですね。

ちょっと待って。Webマーケティング、難しそうじゃね?

ところで、マーケティング以前の話ですが、Webでモノを売る」というのは実は簡単なことではないんですよ。

想像してみてください。
あなたは、、、

①直接、人と会ってモノを買いませんか?と言われた場合
Webページで「これ買いません?」というページを見た場合

どっちが断りにくいですか??

たぶん、99%の人は①だと思います。
だって、Webページなんて右上の×ボタンを押せばそれで終わりですからね。

Webの場合は簡単に断れますよね。

でも、対面で何かを紹介されたときって、

「なんか断ったら悪いなあ」
「グイグイ来られて断りづらいなあ」
とか思って、自分の本心に反して、何かを買ってしまったりしますよね?

スーパーとかで、別に欲しくないウインナーを買ったりしたことありません?「試食しちゃったし、1個は買わないとこのオバチャンに悪いな」的な。

要は何が言いたいかというと、対面でモノを売るよりも、人に会わずWebだけでモノを売ることの方が、圧倒的に難しいんですよ。ということです。

 

さて、
Webマーケティングとは、
ただでさえモノを売るのが難しいWeb上で、
自動で”モノが売れてしまうような仕組みを作ることなわけですが・・・。

どう考えても難しそうですよね?
難易度めっちゃ高そうじゃないですか?

そうなんです。
ご想像の通り、Webマーケティングのスキルを身に付けることは楽ではありません。

なのであなたがもし、一切の努力をせず、楽して大金を稼ぎたいと思ってWebマーケティングに興味を持ったのなら、残念ながらそれは無理ですので、この時点でページを閉じてください。

逆に、そうではないあなた。

さすがですね。僕の文章を読んでくれる人は意識の高い傾向にあるのが、とても嬉しいです。

ていうか、当たり前ですよねそんなん。

一朝一夕に身に付けられる簡単なスキルじゃないからこそ、Webマーケティングを出来る人が少ないわけです。(=供給が少ない)

んで、一定の努力とか試行錯誤が必要だからこそ、頑張ってWebマーケティングが出来るようになった人は、あらゆる人や企業から引く手あまたな状況になるわけです。

しかしですね、悲しいことに、
「ビジネスだー」「独立だー」「フリーランスだー」「起業だー」と言ってる人たちの多くは、そんな当たり前のことを理解できていないのです。

とりあえずブログ記事さえ書いてれば稼げると思ってる。
Twitterフォロワーを集めさえすればなんとかなると思ってる。
有料noteを売ればそれで良いと思ってる。

残念ですがそういう思考をしている人に待ち受けているのは「条件の悪い待遇での再就職」です。

もちろん再就職するのは悪いことじゃないですが、せっかくなら厚待遇で再就職した方がよくないですか?

Webマーケティングのスキルがあれば、本当に引く手あまた状態になるので、厚待遇で企業から迎え入れてもらうことさえ可能になります。なぜなら、さっき書きましたけど企業からしたら自動でモノが売れれば利益が増えるので、会社の利益を増やせるような人間なんて喉から手が出るほど欲しいに決まってますよね。

ちなみにこれは僕の話ではなく知り合いの一流マーケターの話ですが、その人は企業から「3年間で3億円」という条件でオファーがかかっていました。まあこれは本当に一部の超優秀なマーケターの場合の話ですが、「マーケティング」のポテンシャルを知る良い例になるかなと思いまして、書かせてもらいました。

ちなみに、Webマーケティングのスキルが身につくと、企業勤めするより自分で事業立ち上げたりした方が稼げるので、就職する人は少ないんですけどねw
だからこそ企業は常に「Webマーケティングできる人の人材不足」に悩むわけです(苦笑)

と、少し話が逸れたので本筋に戻ると、
Webマーケティングはそんなに簡単じゃないよ」
ってことでしたね。

簡単ではないが、諦めるレベルほどではない

「せっかくWebマーケティングっていう金脈を見つけたのに、難しくて大変なのかよ。じゃあやめとくわ」

と思った人が、何人かいるんじゃないでしょうか?

確かに簡単だとは言いません。
それなりに勉強することはあります。

しかし、じゃあそれが一部の人間にしか出来ないほど難しいのか?と聞かれれば、「そんなことは一切ないぜ」と僕は答えます。

僕は高校生の頃、本気で東大を志望して勉強してたのでよくわかるのですが、Webマーケティングを身に付けるための勉強の方が、東大に受かるための勉強よりも、少なく見積もっても100億倍ほど楽です。

東大に受かるための勉強の方が圧倒的に大変なのに、Webマーケティングをちゃんと学べば、東大卒の人たちの平均的な年収よりも高い報酬を頂くことが出来るという。

そう。Webマーケティングは、コスパがめちゃくちゃ良いスキルなのです。

でもみんな面倒臭がりなので、マーケティングの圧倒的コスパ良さに気付いても、身に付けようとまではしないわけです。

だから、面倒臭がらずにちゃんと学んだ僕らが美味しい思いをできるというカラクリなんですね(^^)

もちろん需要と供給のバランスの関係で、本当にWebマーケティングがちゃんと出来る人が増えたら、マーケターが受け取れる報酬は減ります。

けど、どーせみんなやらないので大丈夫です。
いまこれを読んでいるあなたが、「Webマーケを身に付けよう!」とすぐに行動してくれる人だと良いなあと心から思います。

さてではここからは、すぐに行動に移る意識の高いあなたへ向けて、Webマーケティングが出来るようになるにはどうすれば良いのか?ということをお伝えしていきますね。

Webマーケティングスキルを身に付けるには?

さて、Webマーケティングスキルを身に付ける上で、まずは以下の図を見てください。

この図に記した通り、Webマーケティングはあらゆる要素がたくさん詰め込まれている学問です。(上記の図で全てではありませんよ!)

もちろん全ての要素を完璧にマスターする必要はありませんし、なによりマスターするのは相当大変だと思います。

参考までに、僕自身はどんな感じなのかを記しておきます。

得意なこと
・ブログ運営
・コピーライティング
・メルマガ運用
・心理誘導
・リサーチ

得意ではないができること
・各種広告運用
・ブランディング
・商品開発
SEO
・セールス
SNS運用
・企画創造

できないこと
AIを取り入れた数値分析
など

って感じです。

見てもらえば分かるのですが、「できること」が多いですよね。これこそがまさに、ほとんどの人がWebマーケティングを諦める理由です。

一見すると大変そうに見えるからです。
やることが多そうで。

けどさっきも言った通り、東大受験のための勉強をするより100億倍以上、楽です。

しかも、ちょっと難しいことを言ってしまうのですが、上記の項目のほとんどは、抽象度を上げると同じモノだと言うことに気付けます。

意味がわからないと思うので簡単に説明すると、リサーチとセールスとコピーライティングと心理誘導と商品開発って、実はやること同じなんですよね。

ブログ運営とSNS運用もほとんど同じです。

だから、一見すると身に付けなきゃいけないことが多くて大変なように見えるんですが、それは錯覚で、本当に学ばなきゃいけないことはそこまで多くないのです。

なのでこの記事では、「本当に学ばなきゃいけないこと」だけをお話しします。

そこら辺のサイトとか書籍でサクッと学んでほしいこと

と、その前に。

Webマーケティングを身に付けたいのであれば、さすがにある程度のWebに関する基礎知識は押さえておくべきです。

SEOの基礎とか、
広告運用の方法とか、
WordPressでブログを作る方法とか。

けどそういう、
わざわざ僕がこの記事で説明する必要性のない巷に散らばってる知識は、そこら辺のサイトや書籍で学んでもらえたらと思います。

どういうサイトや書籍で学べばいいかってことは、知りたい人が多ければ別で記事にするのでコメントとかTwitterで教えてください。

本当に学ばなきゃいけないコト

では、Webマーケティングを身に付ける上で、本当に学ばなきゃいけないこととは何なのか?

その答えは・・・・・・。

 

 

「人間」すなわち「人の心」です。

 

もしかしたら拍子抜けしたかもしれませんが、これが最も重要なことです。

だって、Webマーケティングって、Webの中で自動でモノが売れる仕組みをWeb上に作ることだったわけじゃないですか。

これってつまり、画面越しに、お客様に財布を開いてもらって、クレカを取り出してもらい、カード番号を入力してもらうということです。しかもこちらが強要するのではなく「自発的に」ですよ。

だからこそ、

・人はどういう心理状態のときに購買行動をするのか?
・人はなぜ、モノを買うのか?
・どういうときに人は「欲しい!!」と思うのか?
・なぜ人は、ブログを読んでくれるのか?
・そしてブログを読んだ末に、紹介されたモノを買ってしまうのか?
・人はどういう商品を手に入れたら嬉しいという感情が生まれるのか?

などといった「人の心」「人間の行動原理」などを学ぶことが極めて重要であるというわけです。

先ほど、「リサーチとセールスとコピーライティングと心理誘導と商品開発は全部同じ」と言いました。

人の心を知るためにリサーチをするし、
人に喜んでもらうためにセールスをするし、
人がつい読んでしまうような文章を書くための手法がコピーライティングだし、
人に商品を買いたい!と思ってもらうために色々するのが心理誘導だし、
人が喜ぶようモノを作るのが商品開発だし、

どれも全て、「人ありき」なんですよね。

だから、マーケティングができるようになるためには、「人間のこと」だけは徹底的に理解しなければいけない。これはSEOとかwordpressブログの作り方などよりも、遥かに重要なことです。

Twitterでフォロワー集めに躍起になってる人。
画面越しのフォロワーさんのことを徹底的に考えられていますか?

SEOでなんとかブログを上位表示させようと躍起になってる人。
その記事を読んでくれた人のことを想って渾身の記事を書けていますか?

目先のお金に心を奪われて、
画面の向こう側にいる「お客様」のことを忘れていませんか?

あなたがWeb上で繋がりを持った人たちは、
何に困ってるでしょうか?
何を欲しているでしょうか?
どんな未来を望んでいるでしょうか?
あなたに何をしてほしいでしょうか?

Webマーケティングが出来るようになるには、上記のことを徹底的に調べ抜く、考え抜くことがとっても大切です。

アクションプラン

では最後に、
「人間のこと」「人の心」を徹底的に理解していくために、どんなことをしていけばいいのか?ということをお伝えします。

もっとも取り組みやすいのは「心理学」を学ぶことです。

さらに学びを深めるのであれば、「宗教」「人類がどう発達したか」「洗脳」などを学ぶことをオススメします。

心理学や宗教、洗脳などに関しては、いろんな書籍が出てるので、少しずつでも良いので時間をかけて興味があるものを徹底的に読み込むのが良いと思います(^^)

「人類がどう発達したか」については、一昔前に話題になった「サピエンス全史」をオススメします。これですね。

あとは動画で心理学を学べる、メンタリストDaiGoさんのニコニコ動画の会員になって動画を見る習慣を付けることとかも最高の勉強方法かなと僕は思ってます。

ただし!!!!

人間に関する知識だけをひたすら吸収しても、悲しいかな。Webマーケティングは出来るようになりません。

必ず「実践」をせねば、実際に人は画面越しにどう動いているのか?は掴めませんからね。

なので、上記のテーマで人間についての学びを深めつつも、並行して必ず「実践」していきましょう。

最初は大金を稼ぐことなんて考えなくて良いです。

Twitterだったり、
ブログだったり、
YouTubeだったりを実践の場として、

・何をすれば自分に興味を持ってくれるフォロワーさんが増えるんだろう?
・どんな内容でブログ記事を書けば、読者さんは感動するほど喜んでくれるんだろう?
・どんな中身の動画を作れば、再生回数が伸びるんだろう?

といったことを考え、試行錯誤しながら「実践」を繰り返すんです。

ツイートが面白いかどうか?
ブログ記事が面白いかどうか?
動画が面白いかどうか?

これらは自己満足で面白いと思ってても意味なくて、面白いかどうかを決めるのはそれを見てくれるお客様です。なので、とにかくまずはコンテンツを作って、お客様に見せて、お客様から評価をしてもらうしかありません。

知識の吸収と、得た知識を使って実践することをひたすらに繰り返していきましょう。

 

さて。
この段階で既に1万文字越えと、
かなり長くなってしまったので・・・。

Webマーケティングに関する一通りの知識を学び、どう実践し、お金を稼ぐフェーズに移行するか?ということは、続編として公開しようと思います。もしこの記事にある程度の反響があれば・・・ね(笑)

まったく反応がなければ需要がないってことで続編は書かないので、ここまで読んでいただき、面白かったな~とか役に立ったな~とか思ってくださったら、コメント欄だったりTwitterなどで感想やシェアを下さると嬉しいです。

無料で長文を公開する上でのモチベーションにもなりますので、ぜひよろしくお願いします。

では今回はこの辺で!
ありがとうございました!

P.S
マーケティングを学ぶ上で、下記の書籍はかなりオススメです。初心者向けですが、Webマーケに興味があって学んでいきたいのであれば、購入して損はありません。

僕自身、この本からマーケティングに大切なエッセンスを学ばせてもらいました。読み物としても面白く非常に読みやすいのでぜひぜひ!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
期間限定で、
完全無料Webコンサルティングをしています。
あなたのビジネスはWebをもっと効率的に使うことで、
99%成長します。
コストカット出来るのか、売り上げを◯倍に出来るのか、
などは各ビジネスの状況によって異なるので、
まずは気軽にお問い合わせください。

期間限定無料Webコンサルの概要はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください