マーケティングについて

ビジネスをする上で欠かすと死んでしまうマーケティングとは何なのか?

こんにちは。
鈴木友啓です。

僕は、
Webマーケティングのコンサルタントとして普段活動していますが、
もしかしたら、
「Webマーケティングのコンサルタント」
と言われても、よく分からないかもしれません。

なので今回は、
できるだけ分かりやすく、
「マーケティング」について説明していきます。

マーケティングの定義

そもそも
「マーケティング」という言葉は、
人によって定義が異なるかなり曖昧なものです。

Wikipediaによれば、

企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、
顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念

らしいです。

いまいちピンときませんよね。

Googleなどで「マーケティング」と調べると、
本当に意味不明な説明ばかりなので、
僕が考える「マーケティング」について話します。

 

僕が考えるマーケティングとは
「素晴らしい商品を、お客様にまず知ってもらい、そして購入していただくための戦略を練ること」です。

僕はWebマーケティングが専門領域なので、
インターネットというツールを使い、上記のような戦略を練っていきます。

売りたい商品をまずは「知って」もらうための工夫をし、
そして「買って」もらうための工夫をする。

これがマーケティングです。

なぜマーケティングを知らないと”死ぬ”のか?

タイトルにもある通り、
ビジネスをする上でマーケティングを知らないというのは死を意味します。

というのも当たり前のことで、
自分が売りたい商品を多くの人に知ってもらったり、
買ってもらったりするための工夫をしなかったら、
「売れない」ですよね。

 

ビジネスは、
素晴らしい商品やサービスを作りさえすれば成功すればいいかというと、
全くそんなことありません。

どれだけ、
「ウチが作った商品は本当に素晴らしいのに」
と思っていたとしても、
その素晴らしさを見込み客へ適切に伝えなければ、
残念ながら商品は売れません。

商品が売れないということは、
売上が立たないというわけなので、
そりゃあビジネスとして成立せず、死に追いやられてしまうよねという話です。

だからこそ、
せっかくの素晴らしい商品を世の中に広めるために、
「マーケティング活動」を行なっていくというわけですね。

素晴らしい商品が認知されないのは悪?

しかしながら、
(特に個人でビジネスをされてる方に多いのですが)
適切なマーケティングを行なわず、
売上が立っていないという事例がたくさんあるんですね。

売ってる商品は素晴らしいのにも関わらず、です。

その一方で、
売ってる商品は大したことないのだけれども、
マーケティングが上手なゆえにバコバコ売れてるような事例もあるんです。

大して美味くないラーメン屋が繁盛し、
美味しいラーメン屋が潰れるという現象が起こるのは、
マーケティングが絡んでるってことですね。
(ちなみに飲食店の場合は、「立地」の影響がかなり大きいので、
「どこにお店を構えるか?」
ということを考えるのもマーケティングの一環と言えます)

しょぼい商品が売れまくるよりも、
素晴らしい商品が売れまくる方が良くないですか?

少なくとも僕はそう思ってるので、
マーケティング活動のお手伝いをするコンサルティングをしているというわけです。

マーケティング視点をぜひ持ってください

もしあなたのビジネスが上手く回っていないとか、
もっと売上を上げたいとか、
より多くの人を集客したいとか、
あるいは成約率を高めたいとか、

そのように思っているのであれば、

・どうすればより多くの人に認知してもらえるだろうか?
・どうすればより多くの人に購入してもらえるだろうか?

という、
マーケティング視点を持ち、
ご自身のビジネスを分析してみてください。

いまいち分析できない場合は、
「競合はどのようなマーケティングをしているか?」
をリサーチしてみると新たな発見が得られると思います。

 

では今回はこの辺で。
ありがとうございました。