情報収集法

本の内容が頭に超定着する僕の読書方法論part2

こんにちは。
Webコンサル屋の鈴木友啓(@WebTomohiro)です。

前回、
「1日5冊」の本を読む僕の読書方法論について
という記事を書いたのですが、
これがかなり評判が良かったです。

なので今回は、
僕の読書方法論第2弾ということで

「本の内容が頭に超定着する」

読書のやり方について書いていきます。

まずは前回の記事を読まれてから、
この続きを読んでいただけるとより深く理解できると思います。

「1日5冊」の本を読む僕の読書方法論について僕は起業してから、 最低でも1日1冊、 つまり月に30冊の本を読めるように心がけています。 なぜなら、本ほどコスパの良い自己投資は...

では、参りましょう。

本と「対話」する

僕が本を読むときに、
非常に意識しているのがこの

「本と対話する」

ということです。

読書といったら、
著者が一方的に自分に対して何かを説明している
というイメージを持つ人が多いと思います。

しかし、
一方的に話を聞かされているという意識で本を読むと、なかなか本の内容が定着しないと思うんですよね。

少なくとも僕はそうでした。

読んだ直後は
「なるほどなあ」
とは思うけど、時間が経ったらいつの間にか忘れている

これじゃ本を読んだ意味がありません。
時間の無駄です。

知識というのは、
ただ頭に入れただけじゃ意味がなくて、
定着させて、活かし、そして何らかの価値を生み出すことに意味があると僕は考えています。

一方的に聞かされてるという意識で読書するのではなく、
「対話している」意識で読むことで知識が頭に定着しやすくなります。

では、
「本と対話する」とはどういうことか?
これから説明していきます。

本との対話方法

抽象的な答えをまず書くと、

「本を読む前にまずは自分の仮説を立てて、その仮説と、本の著者の説を比べながら吸収していく」

これが僕の本との対話方法です。
ただ、これだときっと意味がわからないと思うので、具体例を出します。

僕は最近、
メンタリストDaiGoさんの
「運は操れる」という本を読みました。

これです。

「本を読む前に自分の仮説を立てる」
とはどういうことかというと、

「運は操れる」
という本のタイトルに対し、

「どうやって運を操るのだろう?」
と、本を読み始めるに考えるということです

実際に僕は読み始める前に、

「きっと、行動量を増やせば単純に良いことが起こる可能性が高まるから、失敗を恐れずたくさん行動しようと言いたいんだろう」

という仮説を立てました。

仮説を立てたので、
今度はDaiGoさん(著者)の説を知るために、読書を開始します。

そうすると、
「ほら、やっぱり仮説通りのことが書いてあった!
けどDaiGoさんは他にも色んな視点から運を操る方法を説明しているぞ」

とか

「あれ、仮説が全然違った。
なるほどDaiGoさんはそのようにして運を操っているのか。
けど、なんかこの説は説得力がない気がするぞ?」

などなど、
著者であるDaiGoさんと対話しているようなイメージを持ちながら、本を読むことができます。

このようにして本を読むことで、
「思考する」というプロセスが生じるため、
知識が頭に定着しやすくなります。

その定着効果は、
ただ一方的に話を聞かされ
「なるほど」
「なるほど」
「なるほど」
と、あまり思考せずに読書をするよりも、遥かに高いです。

さらに時間に余裕があるなら、
自分が立てた仮説と、著者の説にズレがあった場合はそのズレをメモに残しておくとより一層良いです。

メモに残しておけば、メモ帳を見返すだけで復習になりますからね。
ぜひやってみてください。

読み終わったらまとめる

この方法は、
おそらく忙しい人は難しいと思います。

本を読む時間すらなかなか取れない場合は、
先ほどの「対話して読む」ことを意識するだけでも全然大丈夫です。

本と対話しながら読んだ上で、
さらに定着させるために僕がやっていることが

「本の内容をまとめる(要約する)

という作業です。

これはある程度時間がかかるものの、
かなり脳みそが強化されます。

しかも、
ただメモ帳にまとめるんじゃなくて、
ブログとかYouTubeでまとめて、
それを発信していけば、
そこに価値が生まれます。

「1冊の本を読む時間がなかなか取れなかったけど、
まとめて下さったおかげで短時間で内容を知ることができました!」

といった形で要約を読んでくれた人に価値を提供できたことになります。

忙しい人のために、
ただ情報をまとめてあげるだけで価値を生み出せるのが面白いですよね。

本を読んでそれをまとめることで、
自分自身の脳みそがパワーアップするだけではなく、
人の役に立つことにもなるのです。

時間に余裕があればぜひやってみてください。

最後に

「本と対話することを意識する」
まずはこれをやるだけでも、
読書の質がかなり高まります。

そしてさらに
「本の内容をまとめる」
ことで、
知識の定着率がより高まるし、
おまけに、

「長文をまとめる力」
「要約する力」

まで身についてきます。

今回紹介した読書法は、
実際に僕がやっていることだし、
1冊の本を読むだけでありとあらゆるスキルが身につくのでぜひ実践してみてくださいね!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
期間限定で、
完全無料Webコンサルティングをしています。
あなたのビジネスはWebをもっと効率的に使うことで、
99%成長します。
コストカット出来るのか、売り上げを◯倍に出来るのか、
などは各ビジネスの状況によって異なるので、
まずは気軽にお問い合わせください。

期間限定無料Webコンサルの概要はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください