マーケティングについて

韓国歌手J.Fla(ジェイフラ)さんの大ファンにたった11秒でなった話から学ぶコンテンツの作り方

あまりに美しい歌声の持ち主を発見したので紹介します。
韓国のシンガーソングライターJ.Flaさん

 

最近洋楽にハマってるんですが、
その中でもEd Sheeran(エド・シーラン)さんのShape of Youが大好きで、
仕事終わりのリラックスタイムにYouTubeで聞いてました。

そしたらたまたま関連動画に、
J.Flaさんのカバー曲動画が出てきたわけです。

最初は、
なんか綺麗な人がShape of Youをカバーしてるな〜
的なノリで聴き始めたんですが、
たった11秒・・・

たった11秒で僕は彼女の大ファンになってしまいました。

なんで11秒なのかというと、
上記動画を聞いてもらえればわかると思うんですが、
歌い始めが11秒からなんですよね。

その美しすぎる歌声を聴いた瞬間、
鳥肌が立ち、一瞬で虜になってしまいました。

J.Flaさんと直接お話ししたいがために、
マジで英会話やろうか本気で悩んでるレベルですw

ぜひ聴いてみてください。

 

で、ただJ.Flaさんを紹介して終わったら、
これなんのブログだよ。となると思うので、
J.Flaさんに学ぶ、人を魅了するコンテンツの作り方について、ここからは書いていこうと思います。

 

僕はたった1つの作品を、
たまたま聴いただけで大ファンなってしまいました。
これは要するに、僕は魅了されたわけです。
それも一瞬で。

これは
「人を魅了させるような、感情を揺さぶるようなコンテンツ」
があったからこそ起きた出来事です。

1つのビジネスを長続きさせるには、
「ファンを作る」ことが超大事です。
なぜならファンというのはリピーターになりますからね。

僕はAppleのファンなので、
iPhoneやMacbookを何度も買ってるし、
僕の親はトヨタのファンなので、
トヨタ車を何台も買ってるし、

ファンは、
定期的に自社商品を買ってくれるため
「売れなくて利益が出ない」
ということが起こりづらいのです。

逆に、
ファンが出来ないビジネスやってると、
そのうち潰れます。

例えばですけど、
ファンがいないお笑い芸人とかどうです?
即消える予感しかしないでしょう。

一発屋お笑い芸人は、
人を魅了させ続けるコンテンツ(漫才とかコントとか)を発信できてないからこそ消え去っていくのです。

ダンディ坂野さんとかどこ行ったんでしょうね。
さすがに「ゲッツ!!」のみで人を魅了させ続け、ファンを得るのは厳しいでしょう。

一方同じお笑い芸人でもサンドウィッチマン。
僕も超絶ファンですが、
2007年にM-1グランプリで優勝し今に至るまで、全く人気が衰えません。

その要因の1つは、
「面白いコント(コンテンツ)を披露し続けてる」
ことにあるんですよね。

つまり人は、
コンテンツを通してファンになります。

じゃあ人を魅了するコンテンツって、
どうやって作るのか?

それはJ.Flaさんが教えてくれました。

素材を加工するだけでコンテンツは作れる

コンテンツを作る上では、

・素材制作
・素材加工
・素材配置

この3つが基本なんですが、
J.Flaさんは、
他人が用意した素材を加工して、
人を魅了するコンテンツを作っています。

ここでいう素材とは何か?

それはまさに、
Ed Sheeranさんが作曲したShape of Youですね。

つまり、
素材制作そのものはJ.Flaさんはやっていないわけです。

じゃあ何をしてるのか?というと
素材加工です。

原曲のShape of Youという素材があって、
それを加工しJ.Fla独自の「Shape of You」を完成させています。

J.Flaさんの加工力のレベルはものすごい高い!
と僕は思ってます。

ただただ原曲を忠実に歌ってるだけではなく、
オリジナルを加えつつコンテンツを作り上げてるわけです。

そこに綺麗すぎる美声が合わさっています。

そりゃ11秒で大ファンになるわ(笑)

 

言いたいことをまとめると、
新たなコンテンツは、
既存のコンテンツを加工するだけで生み出すことが出来るということです。

最初から完全オリジナルのコンテンツを作るのって超大変なんですよね。
これ結構ビジネスで陥りがちな罠です。

まだ世の中に存在しないものを生み出そう!
という心意気は素晴らしいですが、
難易度高すぎて頓挫する可能性大です。

だからまずは真似ればいいんですよね。
上手くいってるビジネスモデルを真似るだけで、実は稼げてしまうというw
僕もあらゆる先輩経営者を徹底的にパクってます。

ちなみにパクるという戦略は、
何も僕のような小さな経営者がやってるだけじゃないですよ。

大企業とかもパクリにパクってます。
セブンで売ってるロールケーキと、
ローソンで売ってるロールケーキ、
何が違うの・・・っていう(笑)

コイケヤとカルビーのポテチってどこが違うの・・・
とか(笑)

吉野家とすき家・・・
などなど(笑)

 

このように、
人気なものに相乗りするだけでビジネスは成立するんですよね。

J.Flaさんだってそうです。
めちゃくちゃ美しい歌声だけど、
Ed Sheeranの人気曲を真似してコンテンツを作ってるわけですからね。

それでも僕がそうであったように、
ファンは出来るわけです。

僕はこれに気付いてから、
ビジネスって難しくないんだな〜ということを理解できました。

難しいこと考えて何もやらないのは時間が超もったいないので、
どんどんパクって行動していきましょう。

そうすれば遅かれ早かれ成果は付いてきます。

ではでは。

P.S
ちなみに、、、

「素材配置」というのは、
作った素材をどこで披露するか?
ということです。

J.Flaさんの例でいうなら、
彼女は自分で作ったコンテンツをYouTube上に配置したからこそ世界中の人から評価が得られてるわけです。

これをもし、
老人ホームとかで歌ってたら適正な評価が得られずに終わってしまう可能性があります。

同じ素材でも、
どこに配置するか?
ただこれだけで価値が大きく変わってしまうのです。

これってコンテンツに限らず、
人間でも同じなんですよね。

自分という素材を、
どこに(どの環境に)配置するかによって
人生って面白いくらい変わります。

野球の才能がめっちゃあるのに、
タクシーの運転手やってるとか意味不明でしょう。

自分の才能を発揮できない環境に身を置いて、
「俺はダメ人間なんだ・・・」
と悲観して自殺する人とかたまにいますけど、
もったいなさすぎます。

才能を発揮できる環境に身を置けば
存分に活躍できるのです。

これが素材配置です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください