プロフィール

新年の挨拶と、正月から「お前はエゴイストだ」と叱られた話。

2021年になりました。
新年おめでとうございます。

年末年始、いかがお過ごしでしたか?

 

僕はもう大変でした。

 

10月から準備していた新事業をリリースしたら、

「マジか???」

と目を疑いたくなるレベルの大ゴケ

 

目標達成率が23%とかいう絶望的な数値を叩き出し、

いったい何が原因なのか??

を分析しつつ手を動かしてたら、
2020年がいつの間にか終わっておりました。

 

さて、
どうしてこんな話をしたかというと、

「昨年1年間はろくに成長できなかった気がする」

という反省点が年末のリリース失敗から浮き彫りになってきたからです。

 

コロナの動向にかなり敏感だったので、
2月~5月あたりはマトモに仕事をした記憶がありません。

家に引きこもって本は読んでました、あとゲームやってた()

 

YouTubeに挑戦しましたが、
編集というものが想像の50倍以上の苦行だったのと、
マネタイズの設計図が描けずに断念。

 

今後YouTubeをやるとした
無編集で価値提供できるよう工夫するか、
あるいは最強の編集パートナーを見つけるかのどちらでしょう。

 

で、68月あたりは
ネットとは無関係の事業を始めて、
これはまあまあ楽しかった。

楽しかったのですが、
9月くらいから市場が供給過多になったので今は放置してます。

 

で、10月から新事業の構築ですよ。

2021年中には年商3000万規模を狙える!!

と思いながら3ヶ月間準備し、
12月にリリースした結果、大ゴケ。

 

もちろん他にも理由はあるのですが、
もっとも大きなところは「僕の怠慢」に違いありません。

 

そういえば俺、
自分の生活に満足してる程度の低い次元に留まって、
ビジネスの勉強を疎かにしてたわ・・・。

 

去年1年間、
経済学はかなり学んだし、
脳科学の学習も進めた。

世界史や哲学、宗教なども、
「人に話せる程度」には学習した。

 

もちろんそれらの学習が無駄だったわけではない。

今後の人生において重要な役割を果たす知識だと確信しているからこそ学んでるわけだし、それはそれで良い。

 

けど、

「俺はもう十分にできる」

と、ビジネスに対し傲慢な態度を取り、
ビジネスをより深く学ばなかったことは深く反省せねばならない。

 

「もっともっと頑張ろう!」

という意欲が完全に欠落していたのだ。

 

そんな自分のダメさを、
芸術家の岡本太郎が本から指摘してくれた。

正月に読んで、
心がエグられた言葉を引用しよう。

たとえ、自分自身の家が仕事がうまくいって、家族全員が健康に恵まれて、とてもしあわせだと思っていても、一軒置いた隣の家では血を流すような苦しみを味わっているかもしれない。そういうことにはいっさい目をつぶって問題にしないで、自分のところだけ波風が立たなければそれでいい、そんなエゴイストにならなければ、いわゆる”しあわせ”ではあり得ない(「自分の中に毒を持て」より引用)

 

本を読んでいて、
これほどまでに感情を揺さぶられたのは初めてかもしれない。

 

2020年、
コロナのせいで多くの人が苦境に立たされていた。

僕が大好きだった近所の喫茶店も、
いつの間にか閉業してしまっていた。

 

そんな状況にもかかわらず、

「生活に不満はないし、そこそこ幸せだなあ。のんびり生きよう~」

とか思っていた自分がいかにエゴイズムに汚染されていたか。

 

振り返ってみると、
2020年の自分は究極にエゴイストだったと思う。

猛省している。

 

だからこそ2021年は、
いや、2021年以降はずっと、
自分ごときの「幸せ」などで満足せず、
広く社会を見渡し、今の自分にできることを精一杯こなしてゆこうと思う。

 

そのために大事なことの1つは、

「些細な失敗をイチイチ恐れない」ことに違いない。

 

そういえば去年YouTubeを始める時も、

「再生回数が全然ダメだったらどうしよう」

と無用な心配をして「実行」までのスピードがかなり遅かったように思う。

 

再生回数がダメだったら、なんだというのだ?
ダメだったら改善するか、次の挑戦を始めればいいだけではないか。

 

この記事を書いたのは、
今まさに読んでくださっているあなたへ約束をするためです。

 

約束の内容はもちろん、

「自分にできることを精一杯やり続ける」

ということです。

 

フォロワー様の厳しい監視の目がないと
つい楽な方向へ流される弱い人間ですが、
本年も何卒よろしくお願いいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください