6ヶ月は大学教授、6ヶ月はサーファーという理想のライフスタイルを体現する具体的方法

こんにちは、鈴木(@jiyu7ka)です。

僕はですね、ジョニーこと有栖川ありすがわ慧二郎けいじろう氏の生き方にとても強い憧れを抱いてまして。

彼は大学教授なのですが、1年の半分を教授として仕事に熱中し、残り半分は完全に仕事を忘れ「遊び」に熱中するというライフスタイルを体現しています。

サーフィンが趣味なので、大学が休み期間に入ったら南の島に短期移住し毎日サーフィンを楽しむという、そんな人間です。

まさに僕が理想とするライフスタイルなんですよ、これが。

実を言うと、僕が起業初期に思い描いていた生活は「仕事から完全に解放され、一生遊んで暮らしていける」ことだったんですが、今は違くて。

今は、仕事と遊びのメリハリをキッチリつけて、どちらも全力投球する生き方を体現するために自分自身を磨いています。

じゃあ具体的に何をどう磨いてて、どういう風にそのライフスタイルを実現しようと思っているのか?

ってことを話させていただければなと思います。

どう考えたってキーファクターは「時間」である。

実際のところ1年のうち半分も遊ぶ必要はないかなと思ってて、多めに見積もって年間4ヶ月遊べたら十分すぎるかなと。

ただ、一般的な働き方でお金を稼ごうと思うと、年間4ヶ月も仕事を休むなんて絶対できないわけで。

残り8ヶ月の間で最低でも5000万は稼ぎたいわけですが、そのためには極めて効率的に社会へ価値を還元せねばなりません。

↑つまりこういうことです。

当然ですが、自分がひたすらに手を動かして稼ぐ方法では、8ヶ月で5000万はあまりに非現実的(多分やってやれないことはないでしょうが、かなり高度なスキルが必要とされるでしょう)。

となると有効たりえるのが「知的労働」です。

それも、知的労働者の中でもかなりハイレベルになる必要があります。例えるなら、1時間のアドバイスに100万円の値がアタリマエに付くような、そんなレベル。

手垢のついた表現を使うなら「時給100万円」ってやつですね。

仮に時給100万レベルまで到達すれば、実労働時間「50時間」で5000万の売上は達成されるわけですから。

投資による不労所得を活用して時間を手に入れる方法もありますが、僕は「自分の時間単価を徹底的に高めてゆく」方法を採用しています。その理由は以下記事にて。

時給100万円って果たして現実的なのか?

あ、そうそう。

きっと大学時代の僕が「1時間のアドバイスで100万を頂く」なんて聞いたら「サギだ!」「ありえない!」と反射的に拒絶すると思うのでもうちょい詳しく説明をば。

まあ別になんら難しい話じゃなくて、「アドバイスした相手に100万以上の富がもたらされればいい」だけなんですけどね。

それを実現する手段の1つが「学習し、教養を深め続ける」ことなのです。

無論、教養を深めただけではダメで、教養をどのように実社会へ応用し”価値”を作るのか?という「思考力」も非常に重要となるわけですが、今回は語りません。

というのも、思考力の土台には「教養」が必要不可欠だからです。教養ってのは素材なんですね、思考するための。

教養および思考力を身につけていくにつれ、どんどん洗練された「アイデア」を作り上げられるようになります。

その「アイデア」が、人によっては100万円以上のインパクトとなりうるので、100万円でアイデアが買われることがある、というわけでございます。

もちろん単発で100万を得られただけでは意味がないので、洗練されたアイデアを連発できる必要があります。

連発できるようになるために、更に教養を深め思考力を高めていくのです。

それこそが、時給700円から時給100万へと向かう旅の現実的な攻略法だと僕は考えています。

仕事も遊びも”たくさん”こなしたい

とはいえ、いざ時給100万になったからと言って「50時間働きました、5000万の売上です、今期はもう仕事しないです」みたいなライフスタイルには興味なくて。

仕事すると決めた期間は全身全霊で取り組み、たくさん価値を作り、どれだけ社会をより良くしていけるか挑戦し続けるライフスタイルが僕の理想です。

余談ですが、僕は別に善人ぶりたくて「社会をより良くしたい」と言ってるわけじゃないんで誤解しないでくださいね。

社会をより良くしたいのは、そうなれば自分がより幸せになれるからだという、極めて利己的な理由があるからです。

自分が不幸になるなら社会をより良くしようなんて思わないので。僕は今のところそんな程度の人間です。

話を戻しますが、そうやって自らの時間単価を高め続ける先に、冒頭の有栖川慧二郎氏のような「徹底的に仕事し、徹底的に遊びを楽しむ」というライフスタイルがあるのだと僕は確信しています。

たくさんの価値を作り出せる人間を目指して

もしここまでお読みいただいて、僕の掲げる理想のライフスタイルに多少なりとも共感していただいたら。

共感していただいたら、Twitter公式LINEなりでコンタクトを取ってくれたらとても嬉しいです。

別にその場でなんか売り込むとかは一切なくて、どのような情報を公開していけば、このブログを読んでくださってるあなたが有益だと感じてもらえるかを知りたいからです。

あとは、共感してくれる人がいたらそれだけで超嬉しいですしね…!

では今日はこんなところで。ありがとうございました!

P.S
有栖川慧二郎氏は実在しません。
実をいうと、こち亀の登場キャラクターです。
195巻で初登場するんで、彼の人柄をもっと詳しく知りたい人はぜひコミック読んでみてください!

大学教授の傍、プロレベルのサーファーとか最高にカッコイイっす。

おすすめの記事